有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅のことなら私たちにご相談ください。

自宅を売却せずに入居一時金が準備できるリバースモーゲージとは?

希望する施設が見つかっても入居一時金の額がネックになることがあります。
施設探しは費用の捻出も検討のひとつです。最近ではリバースモーゲージという制度で入居資金を用意する方が増えてきました。
自宅や所有している土地を担保に融資を受けるリバースモーゲージについてご紹介します。

リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージとは自宅を担保に金融機関から借り入れが出来る制度です。
元金と利息を毎月返済するのが通常の借入ですが、リバースモーゲージの場合、毎月の返済は利息のみ。
元金の返済は債務者が亡くなった後に、自宅を売却して一括返済をするのが特徴です。

リバースモーゲージの種類と用途

リバースモーゲージの取扱いは住宅金融支援機構や銀行など金融機関が一般的に知られています。
使用用途を「住み替える先のサービス付き高齢者向け住宅の入居一時金」と明確にしている金融機関もあります。
一方で使用用途を特定していない金融機関もあります。

また国や地方自治体のリバースモーゲージは社会福祉協議会が実施する生活困窮者向けの生活福祉資金貸付制度で「不動産担保型生活資金」があります。
こちらは生活資金が対象で老人ホームの入居金に充てることはできません。

リバースモーゲージのメリット

年齢条件が60歳以上でも自宅や土地など担保があれば融資を受けられます。
融資ではありますが元金の返済は契約者が亡くなるまで不要、毎月の返済は利息のみとなります。
条件によっては融資を受けた方が亡くなった後でも、配偶者の方が権利を受け継いで住み続けることが出来ます。
信託銀行であれば遺言信託を利用することにより資産管理や相続問題にも対応できます。

リバースモーゲージの注意点

融資ですので各金融機関ごとに条件が設定されています。
一般的に対象となる自宅は一戸建て、マンションは対象外です。
最近ではマンションも対象になってきてはいますが、築年数や地域などが限定されていることが多いです。
申込時に法定相続人の確認が必要なこともあります。
金利の上昇した時は利息の返済額が増えるリスクがあります。

まとめ

収入が年金のみの方はまとまった費用を捻出するのが難しく、施設入居を躊躇することになってしまいます。
また配偶者の方の住まいを考えると自宅の売却で資金を調達することが出来ない場合にリバースモーゲージは検討の余地があると思います。
相続や金利リスクなど注意が必要ですが、条件が金融機関ごとに異なりますので、複数の金融機関に問い合わせてみることをおすすめします。

お問い合わせ・ご相談はこちら。08008088343

お問い合わせ・ご相談はこちら。0120-834-346

ピースフリーお客様相談窓口